ちくちく手習いの会は保養の場

ちくちく手習いの会はわたしにとって、勉強の場であり、保養(笑)の場。

 

ちくちく手習いの会サルエルパンツの巻全三回を終了したチーム。全裸のちびっこやおにぎりをお尻にくっ付けたやんちゃ坊主にも目もくれず皆一心不乱にちくちくしてました。

没頭して、ちくちくしてみたり、他愛もない話をしながらちくちくしてみたり。半自動的に手を動かせるってのは良いもので、脳からなにか良いものを出しながら、妄想したり無駄話したり、白目むきながら没頭したりで、気持ちいいものです。

そんな人達が集まった空間はわたしにとって保養の場です。

 

今回もありがとう♪

 

ちくちく手習いの会→

 

0 コメント

ダブルガーゼリネンのふきん

リネンのダブルガーゼの縁を中に織り込むようにして、裁ち端を処理して波縫い。時間の許す限り波縫いして丈夫に。拭きあと残らないし、リネンは抗菌効果もあるらしいし、よく乾くから臭くならないのです。素晴らしい!普通に購入すると結構します(¥)しね。

 

ちくちく手習いの会入り口に持ってこいの教材ではないかと密かに思索中。

 

ふきんは洗って絞っての繰返しだからミシンだとつれて糸が切れてしまうことも、その点では手縫いに軍配。食器拭きからテーブル拭き、そしてボロになったところで何枚か縫い合わせて雑巾に。最後は油汚れなどを拭いて土に帰す。循環です。


ちょっとのことが日々の幸せに繋がります。


 

 

魅力の波縫い

波縫い。普通は並縫いとかくのでしょうけれど、最近は、「波に乗るように縫う」で波縫いと書いてみたりしてます。写真は子供用パンツのポケット。下書き無しで自由に波乗り。色々な表現が出来そうです。

並縫いで作るパンツ

すべて手縫いのサルエルパンツ。

長針を使って、並み縫いだけで仕上げるワークショップをやっています。

パンツの会は只今絶賛試作中!写真で3昨目。形はこれで決まりましたが2枚仕立てでは宿題が多くなってしまう予感;いけませーん、シンプルで楽しくなくてはっ。と、思い直し1枚仕立てでいく予定。より簡単で単純な造りになりそうです。


運針がスムーズにダンサブルに出来るようになると、瞑想的な、彼方の世界へ行ってしまう的な感覚になることもあったりして、編物のように暇を見つけてはチクチクするようになってしまいます。

そうなればチクチク教信者の出来上がりです。


さて、全3回のワークショップでチクチク教入信は何名ありますでしょうか‼

楽しみで仕方ありませーん。