ギャザギャザチュニック

チエトテ衣、ギャザギャザチュニックのご紹介。

足掛け5年程、少しづつ形を変えながら、使用する生地のレパートリーも増やしながら進化しているギャザギャザチュニック。ショート丈のものや薄手の生地のものはデザインを考えポケットを付けず軽やかに、ロングの場合はポケットを付けて仕立てています。

どの衣もそうですが、仕立てる前の地直しと、仕立て上がってからの最低2回水通ししています。また、縫製段階では幾度もアイロンでプレスしながら作業していますが、仕立て上がり後の水通し(洗剤を使わないお洗濯と言ってよいと思います)後は原則アイロンは使いません。ですので、お洗濯した後に「あれこんな形だった?」ってことの無いように、ご家庭で普通にお洗濯した状態と同じ仕上がりにしています。

ですのでこのギャザギャザチュニック、洗い晒しの為に贅沢ギャザーのふんわりメルヘンな印象もありますが、何度か着てお洗濯して頂くと、リネン特有の風合いが出てきて大人のギャザーが体にしっとり馴染んできます。夏は身体にまとわりつかず、涼しく、冬はたっぷりのギャザーが空気を蓄え暖かです。

また、例によって袖丈が微妙な?長さになっていて、夏は一枚で、冬は中に一枚着てオールシーズンに対応できるように考えています。

 

写真はトルコブルー。イベントの度に嫁いでしまう人気色です。今回の縁側日和でも、売れてしまって涙を飲んだ方が何人かいらっしゃいました。申し訳ないやら嬉しいやらです。

同じアイテムを何枚も用意するべきかどうか、悩みどころです…。

 

今はこのギャザーに合うVネックを模索中。楽しみです。

サルパンツ


サルパンツ インディゴリネン 15,800円~

ずーっと気になっていたサルッパカマ(Googleの画像検索へ)。会津地方に伝わる野良着。

お尻がぷっくりしていて足首はシュッのキュートさ。そしてどんな動きにも突っ張ったり邪魔になることなく体に程よくそってくれる機能性。いわゆるモンペってやつです。やっぱり日本人、一度ははいてみたい。。

 

長らくそんな事を思っていましたら、ちくちくの会で一緒した方が「こんなの縫えますか?」と本物を持ってきてくれた!

早速お借りして、試着!素敵!かわいい!はきやすい!貸してくれてありがとう!!

 

そして、試作!に試作!を重ねついにチエトテ流サルッパカマ作りました!

名前は「サルパンツ」。サルッパカマは会津木綿の反物で作られているため細目に出来ていますが、チエトテの「サルパンツ」は少し太めのシルエット。ウエストには太めのゴムを入れてやさしくホールド。きゅっと締めたい時にはアクセントにもなっている丸紐でシッカリ。そして脇の縫い目を利用して目立たないように作ったサイドポケットに両手を入れば小粋にポーズも決められます。裾にも丸紐を入れてありますのでシュッとも可能。一度はくとこれっきりになってしまう程の快適さ。

タウンユースに仕上げてありますが、野良仕事はもちろん、ヨガ等のスポーツにも最適です。

 

そんなこんなで今年はずーっと「サルパンツ」作っています。

とは言え、パーツ数も12個と丸紐3本と多く、折り伏せ縫いと袋縫いで仕上げていますので制作に時間を要します。ずーっと作っている割にはそれほど本数がはかどりません。受注生産となってしまう事が多いのですが、今回のジリミリには満を持して登場させます!新作のリネンデニムも出来ました。

是非試しに来てください!

 

ジリミリでお待ちしております。晴れるといいなあ。

 

極厚メルトンコート

ながーいことお待たせしてやっとの納品。

極厚ウール100%メルトンのコート。裏無しの一枚物。なかなかハードなやつですが、しっかり着倒せば体の形になってくれるハズ。納品先は仲良しちゃんだからちょこちょこ成長具合を確認出来て嬉しい。

しっかり育ててよ~。


目指すのは「育てる洋服」。

着てくださる方と共に。


ボタンと紐

ジリミリでご注文頂いたポンコート(ポンチョのコートを略しました)のボタンと紐。釈迦玉結びでボタン。

紐の長さも相当必要です。生地に合う紐が無いときは共布で作ります。端を縫ってから裏返しますが、滑りが悪い生地だと難儀してました。細ーい筒状の生地を裏返すのは大変です。

 

傍らにあったゴム手袋…。試しにはめて裏返す作業をやってみると、結構使えます。

何でもあるもの使ってみるもんです。